暇な家事手伝い女子や女子大生はメールやラインの交流が大好きは本当?

出会い系サイトなんかを利用して女性と知りあったりセフレを作ったりする時に、ある程度連絡の取り合いや、仲良くなるためのメインツールはメールやSNSのメッセージ機能になってくると思います。
しかし、このメッセージやメールのやり取りというのは人によってペースが結構まちまちです。
特に、社会人にとっては仕事をしているとどうしてもメールやメッセージなど、文字のやり取りを億劫に感じている人も多いんですね。
だから、そういう相手とやり取りをする際にはあまり頻繁に使わないようにすることが大事です。
しかし、逆に時間を持て余している人なんかは、寧ろ頻繁にメールやSNSで連絡を取ってあげたほうが喜ばれるんです。
そんな、メッセージでのやり取りを頻繁にしたがるようなタイプの女性を紹介しましょう。

家事手伝い女性や女子大生は暇な時間が多い

仕事をしている人とは違い、家事手伝いや女子大生なんかはあいている時間も結構多く、文字でのメッセージでのやり取りや会話が結構好きな人が多いんですね。
だから、こういう人にはむしろ割と積極的なレスポンスをしてあげたほうが喜ばれます。
こういう人たちは、時間を持て余していることが多いのでそれを暇つぶしすることができるメッセージでの簡単な会話は、仲良くなるチャンスでもありますからね。
しかし、あくまで頻繁にやるのはレスポンスだけにしておくことがコツです。
たとえば、頻繁にメッセージのやり取りをやるのがいいからと言って返事がまだ来ていないのにメール追撃をするように次々メールを送られるとさすがに相手もうんざりしますからね。
大体自分が暇なときは5分から10分内程度に返信してあげると相手の女性もテンポよくかつしつこくない印象を与えながらメールすることができると思います。

メールの時間は考えよう

しかし、あくまで彼女たちは時間を持て余しやすいというだけであって決して24時間常に暇なわけではないのです。
だから、メールを送る時間帯などは考慮してあげたほうがいいですね。
特に、家事手伝いの女性なんかはやっぱり夕食時やゴールデンタイムなんかはやや忙しくメールなどが来ても返信できないし、こんな時間帯に来るとちょっとイラっとすることが多いんですね。
だから、このあたりの時間は避けたほうがいいでしょう。
さらに、日付が変わったあたりからも人によっては就寝することもあるでしょうから相手からメールが来た直後でもない限りはメールの送信は控えたほうがいいでしょうね。
寝てる時にメールや着信で起こされることほどイラつくものはないでしょう。
逆に、女子大生なんかはむしろ日付を超えた深夜枠帯に結構メールが活発になることが多いんですね。
逆に、朝方なんかはメールを控えたほうがいいなど、その人によってメールの時間帯を合わせてあげるといいでしょう。

実際に会った後もメール会話は大事

その後も、セフレ関係を続けたりするのであればメールでのやり取りはマメにしてあげるといいでしょう。
もちろん、それは相手の女性が求めている場合に限られはするのですが基本的には仲がいい人とのセックスのほうが気持ちも入れやすいので関係を継続するのであればメールをしあったほうが続きやすいのです。

関連記事一覧: