食事の食べ方ひとつで女性の好感度が落ちる?食べ方が汚いのはモテない原因

セフレを作ったり、恋人を作ったりすると勿論セックスだけではなくデートに一緒にいったり食事に行ったりすることもあるかと思います。
しかし、この食事をする時というのは決して油断をしてはいけないというか人によっては女性からの好感度を下げてしまうイベントになってしまう可能性を孕んでいるイベントなんです。
何で食事で嫌われるの?という風に疑問を持った貴方、もしかしたら危険かもしれません。
女性からの好感度が下がってしまうようなモテない原因になってしまう、という食事の問題についてを紹介していきましょう。

食べ方が汚い男はNG

食事を一緒にすると、その人のマナーなどから育ちがある程度分かってしまうんですね。
そして、その食事の仕方が汚い人というのはほぼ無条件で不愉快に見られることが多いのです。
だから、デートをする際は特に食事マナーを気をつけておかなくてはいけません。
具体的に、どんな食べ方をする人が嫌われたりするのかということを紹介しましょう。

嫌われる食事の仕方について

まず、一番最悪なのは食べながらしゃべることですね。
普通に汚いですし、特に正面から向き合ってると咀嚼している口の中の物が見えてしまうのでとても気持ちが悪いんですね。
なので、会話をする時はしっかりと飲み込み終わってからするという当たり前の常識を守るようにしましょう。
ほかには、咀嚼の音を立てるいわゆるクチャラーというタイプ、これも最悪に嫌われます。
これの原因は、先ほど説明した食べながらしゃべるというようなことも原因の一つになりますが、要は口を開けて咀嚼するから音が出るんですね。
なので、食べる時は必ず口を閉じたままという風に意識するようにするといいでしょう。

そして、ほかにも皿の上を食べ散らかすような食べ方もよくありませんね。
適当に食べるのではなく、きれいに皿の上から物を少しずつ端から取っていくことで綺麗に食べることが出来るでしょう。
そして、もう一つは食べる時はちゃんと食器を使うということです。
なんでも器をもってガツガツかきこむような食べ方をする人もやはり嫌われてしまうことが多いので注意ですね。
勿論、食べ物によってはそういう食べ方をするという物もありますが基本的には少しずつ箸で運んで味わって食べるようにしましょう。

なるだけ物は残さない

そして、食べ方が汚いと思われることの一つに数えられるのが残すことです。
米粒を中途半端に残してしまったりとか、好き嫌いで物を残したりというようなことはやはりあまり印象が良くないことですね。
外食する時は、自分が食べられないような物というのが入っている物は極力注文しないようにしましょう。
自分が好きなものの中に嫌いなものが入っているのだとしたら嫌いなものをちゃんと食べるか、どうしても食べられない物があるのならば好きなものをあきらめて嫌いなものが入っていない料理を注文するようにしましょう。
デートの時は、食べ物がどうのこうのよりもまずは相手の好感度を下げないということを優先した方がいいでしょう。
食べ物なんかで満足したい時は、そもそも一人で食べ歩きをすればいいわけですからね。
デートの時は基本的にデートの相手優先をしましょう。

関連記事一覧: