知らなきゃ損だよ!女性が男性に言われたいセリフや言葉で好きになることもある

よく、恋愛雑誌やネットのコラムなんかで女性が男性に言われるとキュンと来る言葉だとか男性に言われたい言葉、みたいなコーナーなんかを目にすることがあります。
しかし、あんなのは自分の好みの男性に言われないと意味がないんでしょと諦めながらやさぐれているような男性もいると思います。
確かに、いわゆるイケメンしか似合わないような台詞という物もあると思うのですが、本当に言われるとうれしい言葉という物もありますのでそういう物を勉強することでトークで女性に好かれるようにすることもできると思います。

ストレートな愛情表現

これは、ある程度親しい関係や恋愛関係、セフレ関係などにある割と近しい関係性に限定されるのですが、ストレートな愛情表現の言葉というのは普通にそれだけで喜ばれる言葉です。
好きだよ、愛してるよという言葉はやっぱり女性は言われると嬉しい物で、結構普通にきゅんと来るっていうことが多いんですね。

相手のことを気にするような言葉

例えば、会えなかった時間などを振り返りながら今日は何してた?なんてことを聞いてあげるのも結構喜ばれがちです。
自分のことを気にしてくれているんだ、という風な感じがして割とこれも喜ばれやすいんです。
ただし、ニュアンスに気をつけないとあまりにしつこかったり事細かになったりすると監視されているような感じがして気持ち悪がられるということもありますので、軽い調子でありながらもその日初めて交わした言葉なんかで1回きりで使うといい感じで伝わるかと思います。

前の会話の断片を拾う言葉

これは、割とマイナーテクニックなのですが実はかなり効果が高いのが相手の行動や会話をトレースするという技術です。
例えば、前の日の雑談で相手が晩御飯に何何を食べておいしかったというような話をしてたとしましょう。
そして、その話に興味をしっかりと向けたリアクションをし、翌日の昼食あたりにでも夕食にでもどちらでもいいのですが同じものを食べるんです。
そしたら、その日の会話で昨日君がこれ食べておいしかったって話してたから食べたくなっちゃって、自分も今日のご飯はこれにしちゃったよ、なんてことを言ってみましょう。

女性は、特に共感に対して親近感を覚える傾向が強いんです。
だから、自分の好きなものやよかったものに共感して同じことをしてくれる人というのを好む傾向にあります。
さらに、食事の内容という些細な内容の会話を覚えていてくれたということも、自分との会話により没頭してくれたんだと感じる自分に対する強い感心という物をアピールすることが出来るんです。
こう言った、行動のトレースというのはその行動一つでさまざまな側面で女性を喜ばせる要因がたくさん詰まっているのです。
なので、特にこれは日常的に会話をする仲の女性相手に好かれるのにとても使えるテクニックなので是非使ってみてください。

まとめ

基本的には、かっこいいセリフだとかよりもいかに女性を喜ばせるかというような言葉が胸にくるわけですね。
特に、感情面での強い共感や好意を示すような言葉というのは女性を強く喜ばせることが出来ます。
そして、そういう言葉を日常的に口に出来るとなおいいかと思います。

関連記事一覧: