女々しい男は嫌われる!かといって自己中心的な男も嫌われる!

最近は、草食系男子なんて言葉があったりして男性が昔のように女性に対してがっつかないようにはなってきましたが、これとはまた別に男性なのに女々しいというタイプも増えてきていますね。
すぐに感情的になったり、何かあると泣いたり怒ったりして逆ギレしたり、思い通りにいかないと相手のせいにしたりと男性ながら情けないふるまいをするような子供じみた人が増えてきているのですが、これが女性からすると間違いなく嫌われるタイプですね。
しかし、何でも自分主導で話を進めたり女性の意見を全然聞かなかったり、或いは頑固で男性が決めることが絶対だと思うような男性的すぎるというか自己中心的すぎてもやはり嫌われます。
これをいうと、それじゃあどうしたらいいんだという男性もいますがそういう風に思ったあなた、実はこのどちらかに分類するモテない男である可能性が高いです。

極端な男がモテない

要は、ちょうど良くすればいいだけの話、というか普通の男性はどちらにも偏っていない物なのです。
ここで、不満を覚えたりした男性はどちらかに寄りすぎている極端な男性であるかもしれませんよ。
大体、これを普通に女性に置き換えてみれば男性から見たってそんな女性は嫌だという風に思いませんか?これは女性のわがままではなくそもそも人として嫌われる要素ですので、自分が当てはまっているのならば速やかに改善したほういいと思いますよ。

恋人の前だからと言って甘えすぎていいわけではない

そして、こういうタイプというのは大体決まって外面はいいので恋人の前など親しい人以外の前では猫を被っていい人として振る舞うのが典型なのです。
なのに、恋人と二人きりになると途端にわがままになったり強く感情的なふるまいをしたりするというような二面性があるんですね。

だから、恋人になった途端に豹変するということで相手の本性を知らずに付き合ってしまってその被害にあってしまうという女性が結構多いんですね。
知っていますか?実はこのタイプの男性ってある男性のタイプと行動パターンや言動パターンが非常に相似しておりかなり似た性質をしているのです。
そう、ここ数年で問題になっているDV男やモラハラ男の特徴そのままなのです。
そして、性質が悪いことにそういうタイプの男性は女性をこうするのは正しいんだ、という風に洗脳しようとするんですね。

こういうタイプの男性は口が上手いことが多く、何度も繰り返し言い聞かせることで女性の価値観を歪めようとするような人が多いのです。
だから、この手のタイプの男性と付き合ってしまった女性は自分を変えようあるいは相手の男性を変えようという努力はせずにすぐに身を引くことです。
モラハラ、DVというのは素人がちょっと努力した程度で改善するような根の浅い問題ではありません。
好きな相手であっても、時には見捨てることも大事なんです。

思い当たるところがある男性へ

もし、こういうことが自分にもあるかも?と思い当たった男性はすぐにカウンセリングなどを受けましょう。
こういった感覚は根が深く自分の意識改革程度では中々治る物ではありません。
ただ、ここで自覚できる人というのはまだ改善の余地がありますのでしっかり向き合っていきましょう。

関連記事一覧: