心当たりないですか?ガツガツし過ぎな男性は余裕が無い男として見られてる

よく、恋愛においてもがっつきすぎな男性はモテないなんて言葉を聞いたことがありませんか。
しかし、積極的にならなければそもそもアプローチすることもできないわけですから、やっぱりどんどんアプローチしていたほうがいいのでは、そういう風に考える人も同様にいるでしょう。
はたして、どちらが正しいのかという事なのですがまずそのあたりには実は認識の差異がありますし、何より積極的なアプローチをするのとガツガツするのと言うのは少し意味合いが違う物なのでそのあたりについての詳細を解説していきましょう。

ガツガツする男はモテない

狙った女の子を落としたい、好きなあの子を口説きたい、そう思ってもそれを行動に移すばかりでぐいぐいと攻めていくと女性は逆に引いてしまうんですね。
押しが強い男というのは、言いかえれば相手の事を考えてない余裕のない男、というような事でもあるのです。
やはり、アプローチするにしても相手を口説くにしても精神的な余裕を持っておくべき物です。
そして、何よりガツガツしている男はそのままモテなさそうだというイメージを持たれてしまうんです。
女性は、いかにもモテなさそうな男性と言う物を最初は敬遠してしまいがちな傾向にありますので、モテない行動をしてしまう、というのはとても第一印象としては良くない物なんですね。
必死に何とか口説こうとするような様、というのはとても恰好悪いし何より女性ウケが悪いのでどっしりと構えましょう。

余裕をもった積極的なアプローチが効果的

しかし、ここで自分は女性に対して飢えてないとアピールしようとするあまり自分は女性を口説く事に興味がない、というような対応を取ろうとすると今度は思春期全開の中学生のような感じになってしまいます。
余裕を持つのと、クールぶろうとするというのはまた少し意味合いが違うんですね。
要は口説くときも自然な雰囲気、所作で相手の女性を褒めるような言葉を口にしたり連絡先も相手のを聞くというよりは自分の連絡先を渡して、もしよかったら連絡して、というような感じで相手に選択肢を与えるような事をすることで余裕がありながらも女性を口説くというような演出をする事が出来るのです。

余裕と自信過剰は違う

自分は女性にがっついてない、とアピールするのは確かに大事なのですがそこでいかにも自分は女性に困ってないというような態度はNGです。
そもそも、女性に困ってない人が合コンを利用したり出会い系サイトを使ったりはしませんからね。
異性との出会いを求める場に来て起きながら、自分は異性に困っていないというような態度を取るのはとても滑稽なことですし、何より自信感情に見えて逆に恰好悪く見えるんです。
なので、余裕の態度を持つにしてもその余裕は高慢になるのではなく優しさとして見せてあげるのがいいんですね。
強引に迫らず、相手を褒めて持ち上げいい気分にさせながらも相手に迫りすぎないで楽しく一緒に会話を楽しむのが好き、というような風体を装うと女性からの印象はかなり良くなるでしょう。
女性に対するがっつきすぎないけど、余裕はしっかりと持ちつつも口説くというのは言ってみれば優しさで示すのが最も好印象かつ効果的なのです。

関連記事一覧: