女性を口説く上手なアプローチはカッコつけずストレートが鉄則

セフレを作るのに、女性を口説こうとするときには男性はいろんなアプローチをするために工夫したりすることもあることかと思います。
ロマンチックな演出や、サプライズなど様々なことを考える人もいるかと思うのですが、あまりにも演出過剰なアプローチ、というのは実は女性がときめくよりも引いてしまうことに繋がりやすいんです。
なので、カッコつけたりしないようにした方が結果的にいいと言うこともあるんですね。

カッコつけすぎは女の子は引く

女性を口説いたり、気をひいたりするのためにいい恰好をしたがるような男性の気持ちはわかります。
しかし、カッコつけるのもやり方を間違えると自己陶酔したイタい勘違い野郎という風にみられることもあるんですね。
自分のことをよく見せようと成長し、健全かつしっかり自分の理想と目標を定めてそこに向かおうとするようなものであればよし。
しかし、必要以上に見栄を張って見せたりするようなことはボロが出ると逆効果なので避けた方がいいでしょう。

女性を口説くならストレートな口説き文句が一番

遠まわしな言葉や、逆に相手の女性に自分の意図を察せさせるようなアピール、口で言わずに行動で示して見せたり気を引こうとするような行動、これらは殆どの場合は女性からすると面倒臭い男の行動に過ぎません。
日本人はシャイなのが美徳、なんていう人もいますがこと恋愛や異性との関係に関しては寧ろそれはハンディです。
相手へのほめ言葉はストレートに、そして口説くのもストレートな言葉で愛情と相手への魅力を表現した方が実は女性はドキっとくるものなのです。
不器用でも、変に恰好つけたりするよりも等身大の自分の気持ちを表現した方が実はかえって女性からはよく見えるということが多いんですね。

どんな言葉がいいのか

特に、かわいい、綺麗、好き、愛してる、こう言った言葉はストレートで飾り気がない分実は女性の心にもストレートに刺さるんです。
変に飾り立てた気取った美辞麗句などをなぞったり、男らしさをアピールしようとして上から目線な亭主関白な言葉、恰好つけた例え話で上手いことを言おうとするよりも、君のことが好きだ、という言葉の方が実は女性が喜ぶんですね。
むやみに飾り立てた言葉にクラっとくるのは恋に恋しているような頭が成長仕切ってないお子様な女性だけです。
成熟した女性ほど、やはりストレートな愛情表現の言葉に弱く口説く成功率もグっと上がるかと思います。

関連記事一覧: