女性を褒めながらエスコート出来る器用さが女性に一目置かれる男性の特徴

女性に気に入られるためには、やはり男性としていろんなところでリードしてあげることが大事ですね。
さて、しかしリードするというのは一歩間違うと自己中心的にみられてしまうこともありますので、エスコートするという心理がとても大事なんです。
さて、しかし慣れていない人にとってはエスコートというのはハードルが高いように思えるかもしれませんね。
しかし、実際のところ本格的なものでもなければそれほど難しいことではありません。
女性に一目置かれるような、エスコート上手な男性になるにはどんなことをすればいいのか、ということを教えましょう。

気か利く男性になるためのエスコート術

エスコートというと、紳士的にふるまうというような形式ばったものをイメージしてしまいがちですが、要は女性に対して細かな気配りをすることが出来るようになるということが出来ればそれは広義的にエスコート出来ている、と言ってもいいのです。
気遣い、というのは相手が嬉しい言葉などを掛けてあげるのもひとつのエスコート術だと言えるでしょう。
髪型や服装、アクセサリーなんかをほめてあげるというのはストレートに女性が喜ぶようなことなのでどんどん口に出してあげるといいでしょう。
特に、日本人の男性というのはシャイな人が多いのでそういうほめ言葉を口にすることが出来ない人が多いんですね。
だからこそ、そういうストレートなほめ言葉を口にすることが出来るという男性は気が利くとしてモテる要素になるんですね。

ストレートにほめる言葉の効果

もちろん、女性はわかりやすいほめ言葉をかけてくれること自体に喜んでくれるのですが、それだけではなくエスコートに不慣れで不器用であっても不器用なりにほめ言葉を口にして喜ばせようとしてくれるんだ、という風に好感を持ってくれやすいんですね。
エスコートが不十分であっても、ほめて喜ばせようとしてくれるんだ、という姿勢が伝われば寧ろそのあたりに一生懸命さというものを感じてくれてそこを評価してくれるんです。
だから、エスコートに自信はなくてもほめ言葉をちゃんと口にするということがとても大事なことなんです。

エスコートの邪魔をする最悪な行動とは

では、逆にエスコートの真逆であり女性に評価されないような行動とは一体何でしょうか。
エスコートをしようと、何とか女性を楽しませようとするあまり自分の話をしまくるというようなことが一番ダメなんですね。
やっぱり、自分の話ばかりする男性というのは女性からするとつまらない男だという風に見られがちですしやっぱり興味のない話を延々とされるのは退屈ですからね。

仮に不器用であっても、そこにしっかりと相手を気遣う気持ちがあればいいのですが自分の話ばかりをするというのは相手への気遣いよりも、寧ろ自分をよく見せようというような気持ちが表に出てしまうのであまり好かれないんですね。
相手のことを気遣うのであれば、相手が退屈しないようにするというようなことを気遣い自分の話ばかりをしないように気をつけるということがとても大事なことなのです。
話しは基本的に、相手をまずは喜ばせることを中心に考えて行くことがエスコートの基本的な心なのです。

関連記事一覧: