愛してる!好きだよ!は言い方やタイミングで女性の喜び方も違う

女性には、ストレートな言葉で愛情表現をしてあげるとやっぱり喜ばれやすいんですね。
好きだよ、愛しているよというような言葉はやっぱり好きな男性から言われると嬉しい物だと思います。
恋人は勿論、セフレだってやっぱりセックスをしている時は思い切り恋の気分に酔いしれたいので、こう言う言葉を言ってあげたほうがより相手が気持ちが満たされるし、セックスだって気持ちよくなるのです。
だから、セフレとのセックスであっても行為だけでなく言葉で喜ばせるという事も意識するとより相手に気に入って貰う事が出来るかと思います。

タイミングによって効果の違う好きと愛してる

好きだよ、愛してるよという言葉は勿論それ自体も喜ばれはするのですがいつ、どんなタイミングで言うのかという事も結構効果が左右されるんですね。
普通に顔を見て言われるのも確かに嬉しいのですが、やっぱり一番効果が高いのは愛の営み中ですね。
キスをしながら、セックスをしながらそういう言葉を口にされると心も体も満たされるような感覚がして、とても気持ちよくセックスを楽しむ事が出来るんです。
そして、何よりそういう言葉は相手の目を見つめながら言ってあげるとより相手の女性は意識しやすくなるんです。
セックス中も、相手を見つめながら言う事でそれを意識してより感じやすくなるというような事もあるんです。
基本的に、こう言う好きや愛してるという言葉を相手に言う時は必ず相手の目を見てはっきりという、そして唐突に言うのではなく行動なども織り交ぜて全身で愛情を伝える、というような形を取るのがとても効果が高いんです。
ただ言葉だけで言うのではなく、ボディランゲージも交えつつ更に言葉を交えるという事でより女性はきゅんと来るかと思います。

誠意のある愛の伝え方をしよう

逆に言えば、愛してるや好きだという言葉はあまりちゃんと言わないようなタイミングで言うと、言葉そのものが安くなってしまいますのでそういう時はいっそ言わない方がいいんです。
たとえば、女性から自分の事が好き?とか愛してる?と聞かれたときに何か作業をしていたりして、それをしながら片手間に顔も向けずに好きだよ、愛してるよ、なんていうような言葉を言うと適当にあしらわれているような感じがしてしまって喜ぶどころかぞんざいに扱われている感じがするものなのです。
更に、一度そういう態度でその言葉を言ってしまうと、その後真剣に言おうとしても、この人にとってこの言葉はとても軽い物なんだ、という風に捉えられてしまう事もあるんですね。

つまり、好きや愛してるという言葉は言い方やタイミングを間違えてしまうと、その後の価値も下げてしまうという危険性もあるのです。
だから、そういう言葉を相手に言う時はちゃんと何かをやっている時であっても一度手を止めてから相手の事を見つめて言葉を口にするようにしましょう。
そして、出来ればちゃんと体を抱きしめたり優しく手を握って上げたり、キスをしながら、というようにしっかりスキンシップで愛を伝えながら、という事が好ましいです。
こう言う言葉は何度言ってもいい物ですが、それは全部を真剣に言うからこそのもので軽い言い方をしないようにしましょう。

関連記事一覧: