出会い系サイトで女性に「会いませんか?」と切り出すタイミングが分からない!

出会い系サイトを利用すれば、比較的スムーズに初対面の人との出会いまで持っていくことができるのですが、だからと言っていきなり性急に出会いを求めればいいという物でもないのです。
出会い系サイトを利用するのだとしても、ちゃんと手順という物は踏まなくてはいけませんしそれなりに段階を踏まなければ出会いにつなぐことはできないのです。
なので、出会い系サイトを利用して実際に出会いにまでこぎつけるために参考までにセオリーという物を紹介します。

およそ一週間くらいがベストタイミング

出会い系サイトで初メールを交わしてから、およそ一週間程度のタイミングがとりあえずベストというか、最もある程度の精神的な距離が縮まったと言っていいでしょう。
ただし、一週間というのは初回メールを交わしてその中で一週間後に会いましょう、というようなことをすればいいというわけではないので誤解しないように。
要は、一週間メールをしあってある程度仲良くなってから会おうと切り出すのがいい、ということなんですね。
つまりは、しっかりとメールのやり取りをして盛り上がって会話をして、一週間頃経ったくらいが実際に会ってもいいかな?という風にハードルが下がるくらいの期間だと言うことです。

それより早いのはダメなのか

あくまで、一週間というのは目安のような物なので別にそれよりも早いことが悪いわけではありません。
それこそ、会話の盛り上がり方では当日に会っても別に構わないのですが、それはあくまで相手が乗り気だったりプロフィールなんかで即会いをしているような人限定になっています。
しかし、確実に即会い勢というのはいますの連絡を取り合ってそのうちに会いたいのであればプロフィールや、募集内容などで即会い希望や、今日暇してますというような記述がある人だけにしましょう。
それ以外は、即会いは割と敬遠されたり悪質利用者だと思われるようなことも多いですからね。
なので、必ず1日はしっかりとメールなどでのやり取りをしてから会う約束をとりつけるようにしましょう。

メッセージのやり取りについて

ただ、メッセージのやり取りについてですがサイト内メッセージをずっと使わなくてはいけないというわけではないのです。
あくまで、サイト内メッセージ機能は最初の1、2通くらいで簡単な自己紹介をしたら、すぐにSNSなど個人で連絡を取ることができるツールのID交換をしてからそちらに移行しましょう。
それほど高くはないと言っても、やはり複数回メールのやり取りをしているとどうしても結構なお金がかかってしまいますからね。

なので、がっつり何度も連絡を取るために個人の連絡先交換だけは即日でやっても問題ありません。
寧ろ、即日で個人の連絡先を交換することができない人はサクラだったり業者だったりする可能性もあるんですね。
だから、即日で会うのは控えても連絡先は相手がサクラかどうかを判断するためにも、即日で交換したほうがいいでしょうね。
ただし、連絡先の交換もすぐに相手に申し出るのではなく二言ほど交わしてから、もっと深く話しをしたいな、という風に持ちかけると相手も嫌な気はしないし乗り気な人ならばすぐに連絡先を交換してくれるでしょう。

関連記事一覧: