男性の優しい言葉の魔力!さりげない優しさに女性の心は開かれる

恋人だけでなく、セフレが相手でも男性の言葉というのは女性の気持ちを癒し心を開かせてあげることもできます。
言葉、というのはどんな言葉を使うかということで相手の感情や気持ちを変化させたりするような影響がある物ですからね。
口説くときなども、言葉を使う通り異性と交わす言葉というのは上手に使えば、自分に有利なように相手の心境や心理状態を変化させることが出来る物なのです。
今回は、セフレを作ったりするときに使える相手の女性の心を開かせる男性の言葉についてを紹介していこうと思います。

優しい言葉の魔力を利用しよう

基本的に、女性は男性に優しくされることに対して喜ぶ人の方が多いです。
それは、行動で優しくしてもらったりするということも勿論ある程度効果はあるのですがそれだけではなく言葉で優しくされると、初対面の人でもある程度心を開いたりして、セフレとしての関係を結ぶところまで持っていきやすくなるんです。
優しい言葉、というのは主に二種類の活用方法があり表現方法がありますのでその両方を上手に使いこなすことが出来るようになると、より女性の気持ちをコントロールしやすくなるかと思います。

優しい言葉の種類について

先ほど言った、二種類の優しい言葉の活用、表現方法ですがまず一つが言葉そのものを優しくすることですね。
相手を褒めるような言葉、気遣いの言葉など言葉そのもので優しさを表現するという物です。
言葉づかいなどもこれに含まれており、柔らかく相手が優しさを感じてるような柔らかい雰囲気の言葉づかいをしたりすることによって相手の女性が警戒しないようにすることが出来るのです。

特に、気遣いの言葉は印象を良くすることが出来るのでどんどん使っていくといいでしょうね。
そして、もう一つの優しい言葉の種類が声色の優しさです。
言葉というのはどんな言葉を使うかどうか、ということとは別にどんな声色で言葉を口にするのかということも大事なんですね。
たとえ、どんな優しい言葉を口にしても声色が平坦だったり、逆に語気が強かったりすると優しい印象を感じ取ったりは出来ないですからね。
なので、声色も穏やかな物を意識するとより相手に優しい印象を抱かせることが出来ると思います。

気障な言葉ではなくストレートな優しさを見せよう

優しい言葉をかける、というのは何だかドラマに出てくるような男性のロマンチックな言葉をかけたりするというようなことを意識してしまう人がいますがこれは慣れていない人だと格好つけすぎているように見えますし、何より優しさを装っている感じが出てしまうんですね。

だから、優しい言葉というのは寧ろ飾らないまっすぐな言葉の方が相手にも伝わりやすいのです。
例えばですが、相手が具合が悪そうにしている時は「大丈夫?お大事にね、無理せずにゆっくり休んでね」というように言葉をかけてあげるだけととても簡単です。
ほかにも、仕事で嫌なことがあったりしたら「辛かったね、よくわかるよ」
なんて感じで相手に同情しながらその相手の努力をねぎらうような言葉をかけてあげるところが優しさとして相手に認識してもらうことが出来るでしょう。
優しさ、というのはそれほど難しいことではないので挑戦してみましょう。

関連記事一覧: