中年のやらみそ童貞はプライドを捨てて風俗や出会い系で卒業目指せ!

やらみそ、という言葉をご存じでしょうか?あんまり使われない言葉なので意味がわからない人もいるでしょう。
やらみそ、というのはやらずに三十路、つまりは30歳以上で童貞の男性のことを指した言葉なのです。
俗に、ネット上なんかでは魔法使いなんて揶揄されるようなタイプの男性なのですが、30以上で童貞というのは女性からすると100%引きます。
なので、正直言って30歳過ぎても童貞だったらその先自分が動かねば死ぬまで童貞だと思いましょう、それくらい崖っぷちなんです。
しかし、死ぬまで童貞なんていやだ、そんなやらみそさんにアドバイスをしましょう。

中年のやらみそ童貞はプライドを捨てよう

しかし、先ほども言った通りはっきり言って女性からすると30歳で童貞なんてドン引き物です。
まず受け入れてくれるような女性はほぼ居ないと思ってください。
なので、素人の女性で童貞卒業できるなんて機会は諦めましょう。
はっきりと言いますが、ここで割り切れないような人はもう童貞のまま死ぬしかありません。
とにかく割り切っても童貞を捨てたい人だけこの先へ進んでください。

風俗でもいいからまずは捨てよう

覚悟はできましたか?ではやらみそ童貞が童貞を捨てるならやっぱりソープがいいでしょうね。
童貞を捨てると、やはり何となく女性と接するときに精神的に余裕が生まれやすいです。
逆に、童貞のままだと女性のままだと余裕がなかったり変に意識してしまったりするのですが実はこれが女性からすると結構キモいんです。
だから、余計にやらみそというのは敬遠されるわけですね。
今後の女性関係をよりよいものにしたいのであれば、やはり風俗ででも一度セックスを経験して自信をつけておくべきでしょう。

夢を見るのはやめよう

やらみそで風俗を頑なに嫌がる人、というのは初めては大事だから素人がいいということを考えている人です。
ですが、そういうプライドが邪魔なのです。
30歳まで童貞だった人がいきなり素人の女性とセックス出来る経験なんて先ず来ないですし、好きな人がいいなんて言うのは夢見がちどころか図々しいの一言に尽きます。
逆に自分が女性だったら、という立場に置き換えて自分を見て見え場現実が少しは見えてくるでしょう。
30歳過ぎての童貞なんて価値がないどころか不良物件でありマイナスポイントでしかありません。
欠点なんてものは後生大事に抱える物ではないのでさっさと捨ててしまいましょう、童貞喪失なんて終わってみれば大したことではないですからね。

関連記事一覧: